苦虫の絵本

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「トニー・モンタナ」2010.12.20

d0172854_1337574.jpg

ECDの「トニー・モンタナ」という曲が最近好きです。
[PR]
by nigamushi_t | 2010-12-20 22:35

「TOY STORYよりこれ」2010.12.14


[PR]
by nigamushi_t | 2010-12-14 00:44

「夜中のしーん」2010.12.13

夜中のしーんとした静けさの中、目を閉じた時に頭の中を“ウワーン、ウワーン”と、鼓動に合わせて、一定のリズムが繰り返し鳴り響く。それはだいぶ高音で、2種類の微妙に違う音のシンクロ。それは違う色の油性インクが、紙の上でじんわりと混ざり合うか合わないかギリギリの距離を保っているかのよう。不思議な残響音だが、非常に現実的で素直な機械的な、細胞の生まれ変わりのサイレンかもしれない。
[PR]
by nigamushi_t | 2010-12-13 12:45

「ワンツ-スリフォー」2010.12.10




高校生の時、デストロイ2を聴いてからEYヨファンですが、この貴重な動画はビシビシきます。
“ワンツースリーフォー!!!!!”


昨日の夜、一年前に描いた線画に色を塗っていたら“装飾という名の暴力”という言葉が頭をよぎった。特に上の動画とは関係ない。
[PR]
by nigamushi_t | 2010-12-10 07:57

「岡本太郎の気色と景色」2010.12.7

d0172854_16264572.jpg

先日、岡本太郎美術館に行った。
美術館までの樹木の道のりにすっかり秋色を感じ、一瞬、美術館に行くことを忘れてしまった。しかし館内に入ってみると、そんな樹木たちの幻想的な雰囲気を吹き飛ばすくらい力強く強烈で、生き生きとした絵や顔や造形が、高台の美術館全体を覆っていた。その中にたたずんでいたら、実は岡本太郎氏の生み出したそれらはマグマのようにドロドロと、あるいは秋の紅葉のように非常にゆっくりと動きながら、色彩や姿形を一年中変化させているのではないかと感じた。
岡本太郎氏の芸術に対する頑固たる感情が、静寂の空の下で今でも静かに爆発している。
[PR]
by nigamushi_t | 2010-12-07 17:14

「スケートの記憶」2010.12.2



かっこいいスケートフィルムは数あれど、こういうスケートフィルムの方が自分的にはグッとくる。
中学の時に初めてスケートボードに出会い、仲間と近所や公園でわいわいスケートしていた記憶が蘇る。あの頃はもちろん色んなスケートビデオを観て、上手くなるために練習してたけど、何が一番楽しかったって考えると、結局、上手いとか下手とか関係なくてみんなで滑ることや、あーだこーだ言い合ってたことが楽しかったなと思う。
[PR]
by nigamushi_t | 2010-12-02 13:08

「ゆり子」2010.12.1

d0172854_15545177.jpg

こういうゴシック文字は好みだが、文字の種類や組み合わせによって、文字には認識できずに絵柄に見える。
[PR]
by nigamushi_t | 2010-12-01 16:24