苦虫の絵本

2011年 02月 23日 ( 1 )

「新宿妄想宇宙旅行」2011.2.23

妄想高度10,000m上空から科学とバイオリンを持って飛び降りると、五線譜の波によってふわふわと身勝手な和音が鳴り出す。落下しているらしい感覚はもはやわからなくなり、赤さび色と茶褐色と群青色が目の前を通り過ぎると、そこにはただ感じたことのない懐かしさを感じるだけだった。気づくと、となりには痩せすぎた魔法使いがぼそぼそとSF小説をつぶやいていた。気がした。


そんな妄想をさせてくれる友人の山口洋佑氏の個展 「ねむれいとしきひとよ」@新宿眼科画廊にこないだ行きました。

素晴らしかったです。
[PR]
by nigamushi_t | 2011-02-23 23:57