苦虫の絵本

2011年 02月 04日 ( 3 )

「油絵日記」2010.2.3

引き続き、F4キャンバスの絵に手をくわえる。この絵は寝る前にぼわっとまぶたの裏側に現れた、頭がモワモワっとした、目が3つ縦にジグザグに並んでいる顔の貴婦人のようなイメージを描いている。今でもそのイメージは目をつぶればまぶたの裏に焼き付いているが、実際の絵はそのイメージとはどんどんかけ離れていく。どうしようもないし、どうしようもできない。なるようにしかならない。っと考えるしかないのは分かっているんだが、いまだに腑に落ちないような萎えた気持ちがポコポコと現れる。ハーっとため息のような深呼吸。そんな気分でまた新しいキャンバスに手を付けてしまう。今夜もあてのない旅がつづく。
[PR]
by nigamushi_t | 2011-02-04 11:54

「油絵日記」2010.2.2

今年に入ってから買っておいたF4とF6のキャンバスがあまっていたので、土曜日くらいからちょこちょこと描き出す。油絵をはじめて半年くらいだと思いますが、相変わらず思い通りに絵の具がキャンバスに反映されない。思い通りにならないほうが次の一手に予期せぬ反応が起こり、絵が一気に別の方向に解放されるので結果としてはよいのだけれども、その一筆一筆の瞬間瞬間に過度な期待をしているのか、残念な気持ちになる場合が多い。そして、離れてみてみる。すると、また全然違う自分との感覚のギャップに目を揺さぶられる。絵はみる距離でまったく違った絵にみえるから面白い。個人的には絵から10cmくらいの距離で鑑賞するのが好きだ。自分の視野に絵以外が入らない距離。
[PR]
by nigamushi_t | 2011-02-04 11:31

「油絵日記」2010.2.1

世界堂にて、20分ほど悩んでF20とF30のキャンバスを買う。いつも油絵のフロアに行くと、イーゼルとロールキャンバスを欲しいけど欲しくない気持ちでそこを通り過ぎる。やっぱりイーゼルがあると便利なんだろうなぁと思いつつ、いやいらねぇな〜まだいらねぇな〜的なところであきらめる。ロールキャンバスはまず手持ちが無いのであきらめる。まあそのうち買うでしょう。
ついでにクサカベの筆(豚毛フラット22)を一本買う。しかし、実際のところ筆のメーカーと種類がありすぎて非常に悩むし、よくわかっていない。とにかく使ってみるしかないという気持ちと値段と持ち手の形状で筆を選んでいる。握りやすさなどは気にしない。気になるほど知らない。
[PR]
by nigamushi_t | 2011-02-04 11:09