苦虫の絵本

「油絵日記」2010.2.2

今年に入ってから買っておいたF4とF6のキャンバスがあまっていたので、土曜日くらいからちょこちょこと描き出す。油絵をはじめて半年くらいだと思いますが、相変わらず思い通りに絵の具がキャンバスに反映されない。思い通りにならないほうが次の一手に予期せぬ反応が起こり、絵が一気に別の方向に解放されるので結果としてはよいのだけれども、その一筆一筆の瞬間瞬間に過度な期待をしているのか、残念な気持ちになる場合が多い。そして、離れてみてみる。すると、また全然違う自分との感覚のギャップに目を揺さぶられる。絵はみる距離でまったく違った絵にみえるから面白い。個人的には絵から10cmくらいの距離で鑑賞するのが好きだ。自分の視野に絵以外が入らない距離。
[PR]
by nigamushi_t | 2011-02-04 11:31